SSブログ

夜景をISO3200F1.4で写す

夜の7時過ぎに突然花火が上がり、カメラを持ち出して写そうとしたのですが、終了でした。
何も写さずに帰るのも物足りないので、自宅前の畑越しに写した夜景です。

カメラはFUJIFILMのX-S10にVILTROXの33mmF1.4
ISO3200、絞りF1.4で絞り優先モード、露出補正無、WB5100Kで写したままのJPEG画像です。
DSCF2852s.jpg
SSは1/6.5秒でした。

既に陽が沈んで暗くなっており、窓明かりだけが見えるような状態でしたが、見た目より建物がはっきりと写っていました。

この画像のRAWを現像し、やや明るく仕上げてみました。
DSCF2852cs.jpg


玄関前に飾っていた花も写してみました。
写したままのJPEG画像
DSCF2848s.jpg
絞り優先ISO3200、絞りF2.0、露出補正無、WB5100K、SSは1/27秒でした。
電灯色LEDの玄関灯照明

RAW現像によりWBを微調整
DSCF2848cs.jpg

X-S10は6段分のボディ内手振れ補正があり、33mmならSS1/10秒までは余裕で撮れます。

町明かりのある市街地の夜景ならこの組み合わせで難なく撮影可能のはずですが、コロナ禍による外出自粛中のため、実現していません。




nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。