So-net無料ブログ作成
画像処理 ブログトップ
前の10件 | -

飛んでいる蝶を撮る [画像処理]

飛び回っている蝶を、静止画での撮影は、連写でも難度が高く、NG写真の量産になりがちです。

春に入手したX-T30では4K動画撮影が可能なことから、飛んでいる蝶を、4K動画で撮影後、これぞと思う部分を静止画に切り出すことで、従来のカメラだと、撮影困難なショットも撮れるようになりました。

4K動画は縦横比9:16の800万画素で、2:3にクロップしても700万画素(3240x2160)で初期のころのデジ一眼であるD100やD70の600万画素より画素が大きく、通常の写真として十分使えるレベルです。

X-T30の4K動画30P(正確には29.97コマ/秒)で、60Pが撮れないことが悔やまれます。

写真は30秒ほど花から花へ飛び回っている蝶を撮影した4K動画から、連続した5コマを静止画へ切り出し、縦横比を2:3にクロップした画像です。

DSCF261320s.jpg


DSCF261321s.jpg


DSCF261322s.jpg


DSCF261323s.jpg


DSCF261324s.jpg
X-T30 + 55-200mm


追記
5コマの写真の中からもっとブレが少ない4番目の写真を等倍に切り取ってみました。
DSCF261323trm.jpg
等倍だとさすが被写体ブレが認められますが、動きのある写真として使えるレベルだと思います。

今回撮影の4K動画はISO500、絞りF8で撮影。
最も移動が速いと思われる部分の一コマ分の移動距離とその時のブレのピクセル数からシャッタースピードを逆算すると、SS:1/500ほどのはずです。

動画撮影前に、静止画撮影モードでSS:1/1000ぐらいになるようISO感度と絞りを確認して動画設定すれば、もっとブレの少ない写真が得られると思いました。



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

JPEGでダイナミックレンジを上げて撮る方法 [画像処理]

RAWで撮影していれば、露出が不適正で、白飛びや黒つぶれが生じても、RAW現像時に露出補正をしたり、ダイナミックレンジを拡大することで救済することは可能ですが、JPEGで撮影した場合は、特に露出オーバーで白飛びが発生した場合は、白飛び部分の画像データが消えてしまうので救済はほぼ不可能となります。

黒つぶれの場合は、程度にもよりますが、黒つぶれした部分にも画像データが残っているので、フォトショップなどの画像編集ソフトで暗い部分を持ち上げることで救済することが可能な場合もあります。

ピーカン晴天時の明るい部分とか、曇りの日の雲の部分は白飛びをし易いので、そのような場合はマイナス側の露出補正して、白飛びを防ぎ、撮影後に画像処理により階調を補正する方法もありますが、

 「コントラストを下げて撮影」 

することで、ダイナミックレンジを拡大することが可能となります。

X-T30での実例です。

写真1 
フィルムシムレーション:プロビア  露出補正:ゼロ、 WB:色温度5600Kでの撮影 
DSCF2600s.jpg

この画像のヒストグラム
hist0.jpg

写真2
コントラストを下げてダイナミックレンジを拡大するためにハイライトトーン -2、 シャドートーン-2に設定、他の撮影条件は同一
DSCF2601s.jpg

写真2のヒストグラム
hist1.jpg

写真1は普通の撮れていますが、木の陰の部分は見た目より暗く、雲の部分の階調が写真2より弱くなっています。

写真2では柔らかな階調に撮れています。

写真2のヒストグラムは明るい部分(右側)、暗い部分(左側)の山とも写真1より中心側に寄っており、ダイナミックレンジが拡大されていることがわかります。


X-T30ではメニューにコントラストを設定する項目がなかったため、ハイライトトーンとシャドートーンの変更でコントラストが低くなるように調整しました。
NikonやLUMIXのカメラではコントラスト調整項目があります。

X-T30ではフィルムシミュレーションレーションをエテルナに設定すればダイナミックレンジが拡大した画像になりますが、彩度が低くなるため、必要に応じて撮影後に彩度を上げる処理が必要となりそうです。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

年賀状用いのししの写真 [画像処理]

毎年、年賀状はその年に撮影した写真を絵葉書的なものにしています。
来年の干支はいのししということで、匠の里で撮った、わらで作られた巨大ないのしし像の写真を使おうとしてたのですが、そのまま使えそうな写真が無いため、3枚の写真を合成して年賀状用の素材写真を作ってみました。

元となる写真で、JPEG無加工の状態です。
曇天で頭上には高圧線が走り、左端にある民家の洗濯物も邪魔です。
DSCF8307orgs.jpg

撮影位置が違って左の民家が写っていない写真ですが、いのしし像の前の柵が写っています。
DSCF8301orgs.jpg

1番目の写真の左側に2番目の左背景をはめ込み、細かな部分を修整し、空の部分を青空に入れ替え、全体の色調を派手目に補正してみました。
DSCF8612_3s.jpg
年賀状は、この写真から最適なアングルに切り取って仕上げます。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

舞台撮影 [画像処理]

先週末、地元のホールでの音楽イベントの撮影を頼まれました。

吹奏楽、合唱、和太鼓等の7つのサークルが出演している様子の撮影で、最後に、すべての出演者合同の演奏でした。
客席最後列中央に据えた三脚上の固定カメラと、手持ちの移動カメラとで合計600ショットを撮影。
RAW現像後、選んだ写真を提出することになります。

特に最後の合同演奏の様子の写真は広報誌に載せられるはずなのですが、照明が暗い舞台袖まで、出演者が並び、照明の当たる舞台に露出を合わせると舞台袖は極端な露出不足になり、舞台袖に露出を合わせると舞台部分は露出オーバーで白とびが避けられない難しい撮影条件でした。
そこで、露出を変えて撮影し、適正露出の部分を合成することも考慮して撮影に臨みました。

舞台中央に露出を合わせて撮影したオリジナル画像
KSG_5308org.jpg

提出用に処理した画像です。
KSG_5308c.jpg
D800  ISO800 マニアル露出 焦点距離 30mm F7.1  SS1/60秒

処理方法として、一枚のオリジナル画像に対して同じトリミングの状態で露出補正、階調を変えた3枚の画像をRAW現像し、フォトショップでレイヤー合成する方法を採用しました。


PS:今回もボランティアでした。


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

茶会 [画像処理]

大名行列の後、小原宿本陣奥の間で行われた茶会の様子です。

DSCF7414s.jpg


KSG_4938s.jpg


DSCF7446s.jpg
茶会の会場は西日が差しこむ逆光状態で強烈なコントラスト状態でしたが、ストロボの使用が不可だったため、RAW現像の際の補正のみで、見られる写真に修整しました。

上の写真の補正前の状態です。
部屋の外から片手でカメラを持ってのブラインド撮影だったため傾いて撮れています。
DSCF7446orgs.jpg

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

祭のポスター [画像処理]

昨年と今年は、地元自治会の祭典の係になっており8月5日のお祭りに向けて準備を進めている最中です。
祭典の係は組により任期が1年ずれているので、半分はメンバーが入れ替わります。

昨年は、実行力がありパソコンも使いこなせるメンバーが何人かいたのですが、今年は、そのようなメンバーが不作で、企画、対外折衝、文書作成などの準備作業の大部分を引き受けざるを得ない状況になっています。
それに加えて、ボランティアとしての地元イベントの撮影等とも重なり、連日の猛暑の影響もあり少々ばて気味になっています。

本日、お祭り用のA2サイズのポスターを、地元の印刷業者へ入稿してきました。

昨年、同じ業者へ印刷を見積もったのですが、想定外に高かったため、私のA3プリンターを使用してA2を2分割して印刷し、A2に張り合わるような手作りの方法でポスターを作成したのですが、余りにも手間が掛かりすぎたので、ネット印刷業者へ発注するつもりでした。
念のため昨年見積もりを取った業者へネット価格を引き合いに価格交渉したした結果、値下げに応じていただけたため、同業者へ印刷をお願いすることになりました。

下の写真は印刷をお願いしたポスターですが、名称や地名の部分の文字はぼかしています。
デザイン的センスが貧弱であることは自覚していますが、画像処理の部分でこだわてみました。

ポスター.jpg

以前は夜の部は芸能人を呼んでいたのですが、昨年から芸達者な地元のサークルに出演をお願いし、夜店も自治会員の手作りに変更し、格安で提供することにしています。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

キャノン写真用紙光沢ゴールド [画像処理]

数年前から写真印刷用として、A3のびサイズまで印刷できる染料インクプリンターPixus Pro-100を使用しています。

それ以前はE社の顔料インク使用プリンターを使用していましたが、頻繁にインク詰まりが発生し、ヘッドクリーニングによるインクの無駄な消費に耐え切れなくなり、インク詰まりが発生しにくい染料インクのプリンターに変えました。

染料インクでの写真印刷では、用紙が変わると顔料インク以上に色調が変化するため、用紙専用のICCプロファイルに変更する等ドライバーの調整が必要ですが、用紙の種類を固定することで、印刷仕上がりが安定させることが出来ます。

ある時期から常用していたキャノン写真用紙光沢ゴールドの印刷される色調が無視できないほど大きく変わってしまいました。

いろいろ調べた結果、性能改善と称して、紙質を変えたことで発色特性が変化したようで、ゴールドA用のICCプロファイルを当てることで本来の色調に印刷できるようになりましたが、紙質が大きく変わったにも関わらず、用紙の型番は全く変更がありませんでした。

写友の一人が、キャノンのプリンターでゴールド用紙で印刷したところ、おかしな色調に印刷されるということで、訪れてプリンターを確認したのですが、そのプリンターはICCプロファイルを当てることが出来ず、用紙の指定のみで、ゴールドの指定はありますが、ゴールドAの指定は無しでした。

用紙の指定を変える等いろいろ試してみましたが、良い結果を得ることはできず、ギブアップして帰ってきました。
ドライバーを更新すれば改善できるかもしれませんが、MAC PCで扱いなれていないため遠慮しました。

印刷用紙の発色特性が変わるような変更であるならば、用紙の型番を変え、用紙のパッキングにも注意書きを入れることは、メーカーとしての責任だと思うのですが。



以下はPro-100でシミュレートした結果です。

印刷した自作グレーチャート
階段チャート3m.jpg

印刷結果を18%反射率のグレーカードを背景に同時スキャンした画像

上 ゴールドA用紙をゴールドA用ICCプロファイルを当てて印刷 ⇒ 正常です

中 旧ゴールド用紙にゴールドA用ICCプロファイルを当てて印刷 ⇒ やや青くなってNG

下 ゴールドA用紙を旧ゴールドの指定で印刷 ⇒ 赤くなってNG 写友と同じ状態です。
3gprint_scancm.jpg

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

厳冬の五竜岳 [画像処理]

2011年2月に白馬へのスキー行の際に、麓から、望遠で撮影した写真です。

DSC_5007cm.jpg
D3100+70-300mm
RAW現像後、フォトショップでかなり補正を加えています。

撮ったままのJPEG写真です。
DSC_5007m.jpg

白馬へはご無沙汰しているので、行きたいのですが。


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

クライストチャーチ [画像処理]

DSC_4610bm.jpg

この写真は2005年11月にニュージーランドへ旅行した際に、クライストチャーチで、D70で撮影した記念写真で、帰国後、RAW現像した写真ですが、今見るとNGレベルの仕上がりです。

D70はかなり癖のあるカメラで、撮影したままだと見栄えしない素材系の写りで、多くの場合、後加工が必要でした。

補正無しでRAW現像した画像です。
DSC_4610orgm.jpg

この写真を改めてRAW現像してみました。
ダイナミックレンジ拡大、露出補正、階調補正、WB補正、傾き補正を加えた結果、普通の写真になりました。
DSC_4610h4m.jpg

大事な写真は、JPEG+RAWで撮影し、RAW現像しない場合もRAWデータを保存しておくことをお勧めします。

今後のRAW現像ソフトの性能向上、RAW現像テクニックの向上により、将来、より良質な写真に仕上げられる可能性があります。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 画像処理 ブログトップ